読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

十人十色

〜潜在数秘術認定アドバイバーが綴る日々の想い〜

宗教

わたしの事 神仏や宗教

今日は、昼から大阪河内長野にある【観心寺】に行ってきました。 

ここは、空海さんが真言宗の道場とした寺院です。

f:id:thisissatoe:20160912232329j:plain

空海さんのお像を拝見した時、想像してたよりお顔がとても可愛らしかった(失礼やな汗)ので、なんだかとてもほっこりしてしまい、寺内をうろうろしてから、もう一度空海さんの可愛らしい(何回も失礼やな!汗汗)お顔を拝みに行きました。 

ルンルン気分が漏れていたのでしょう。

空海さんの前に行くときに、少し、いや、かなり気持ち悪いのですが、

「わーい♪」と独り言を言ってしまいました。(こっわw)

 

その瞬間、目の前にとっても大きな黒いアゲハチョウが横切ったのです!

黒のアゲハチョウは色んな意味があるそうですが、私はあの瞬間

『うわ♡空海さんや!』って嬉しくなり、歓迎されていると捉えさせてもらいました。

 

 

昨日までの記事となんか方向性違うくない?と感じられたあなた様。

もう少々、お読みくださいませ。

 

私は、《自分らしく私の人生を私自身がクリエイトして生きて行くんや!》

と決意してから(まだ二ヶ月しか経ってませんが。。)

 

なぜだか、無性に神社やお寺に行きたいのです。

しかも一人で。 

始まりは、伊勢神宮での正式参拝(礼服を新調し神様に近いところでお祈りしました)

それから、大好きな淡路島の伊弉諾神宮(霊感ゼロの私でも歓迎して頂いてるのが本当に伝わってきます)富島神社、そして今日の観心寺。 

 

なぜだか、行かねば!!となるのです。とっても不思議です。

 

ただ、私は無宗教なのです。 

 

両親は熱心なクリスチャンで、私は母のお腹にいるときから教会に通い、小学校まで日曜学校に通っていました。

なので、神社やお寺に行くという考えさえつい最近まで皆無でした。

特に、母の家系には牧師もいますし、母は教会でも上のクラスで、非常に熱心です。

 

 私は、日曜学校にも通っていたのに、実は教会に行くのが嫌で嫌でたまりませんでした。

洗礼も、幼いながら必死に拒絶して、私は洗礼を受けてません。 

しかも、小学校5年生からかなり激しい反抗期であり不良娘と言われ、たくさん泣かせてしまい、よく両親にはサタンの子(悪魔の子)と冗談ながらに言われてました。

 

ただそれでも、熱心なクリスチャンの母の娘なので、私は友達との初詣も断っていましたし、心の中ではとても熱心なクリスチャンだったと我ながらおもいます。

(キリスト教は他の神様を信仰してはいけません)

 

 

少し話しは逸れて、今日は完全に身の上話やな。。ほんで長っ。。汗 )

わたしの名前は“さとえ”というのですが、この名前が大嫌いでした。

この名前は、母曰く父方の信仰してるお寺さんで命名されたらしいのです。

もちろん母は熱心なキリスト教なので、大反対だったと思います。

その母の想いは、子供である私は察していたので、本当に自分の名前が嫌いでした。

友達と名前の由来の話になると、『両親がこんな想いでつけてくれてん♪』って嬉しそうに話す友達を、いつも羨ましいなって思ってました。

 

それが、本当つい3ヶ月くらい前だったか、親友からある男性を紹介したいと言われ、親友二人と私とその初対面の男性とでご飯を食べる事になりました。

その男性は、神戸でとても有名な方のようだったのですが、実は全く乗り気ではなく、

私は1時間しか時間の余裕がありませんでした。

その男性とはその後、誰とも何の発展もなく終わったのですが、その男性に名前を聞かれたときに

『もしかしてお寺でつけられた?』って聞かれて、本当にびっくりしました。

『さとえって名前はお寺でつけられる名前で、だからすごい意味がある、ただ、この名前の人は、落ちるとこまで落ちてしまう最悪の人生になるか、最強な運があって伸びていく人生かどっちかや、君は後者やな』

と言われたのです。

事実がどうであれ、私はそれを聞いたときから、誰につけられたかも判らない、自分の名前が大好きになったのです。

(母方のいとこの名前には聖書に出てくる名前が多いです。)

 

 

話を戻しまして、

あくまで私個人の考えですが、唯一無二の神様はいらっしゃると思ってます。

だけど、強制されて教会に行って、神様やイエス様を信じろ!そうしないと罰があたる!といった事は、私にはどうしても腑に落ちないのです。

 

宗教は、自分が信じるだけで良いと思うです。

自分の信じている事が、他人と異なろうと、尊重して欲しい、と思うのです。

伝導と強要は、全く異なると思うのです。

だから、私は自分の道を歩むと決めてから、 自分の心に従う事にしたのです。

 

これからも、神社、お寺、教会、自分が行きたい!と思ったところへ赴くままに、

いくと思います。

 

私はまだまだ余裕ない平凡な人間なので

周りの幸せは私の幸せ、なんて正直心から思えない。 

しかしながら、

私が幸せで在る事が、結果、周りの幸せになる。

と思うのです。

だからこそ、自分が幸せになることが、何より最優先なのです。

 

 

今日は、観心寺にいってきたので、釈尊のことばを綴ります。 

過去を追うな 未来を願うな

過去は すでに捨てられた

そして未来は まだやってこない

ただ、今日なすべきことを熱心になせ

 

 

今日は、とても長くなってしまいましたが、

最後までお読みいただきありがとうございます。