十人十色

〜潜在数秘術認定アドバイザーが綴る日々の想い〜

無知の知 みんな【ただの人】

 

自分は優れている人物(ジャンル問わず)だと思いますか?

もしくは、思ったことありますか? 

 

私は、思っていました。

自分は、優れている方の人物だと。

 

だから、ほぼ常に周りを見下していました。男女問わず。

羨望のまなざしを向けられることが快感になり、傲慢になっていきました。

だけど、

本当の自分の実力は、だんだんと実は自分が一番良く解ってくるものです。

私は心の奥では、確かに感じてはいたのです。

本当は、大したことない事を。

 

だけど、プライドを保つため、幼少期のトラウマから、自分を大きく見せること、

本当の自分を隠すことで、

自分を保っていたのです。必死に。

すごい人間じゃないと、自分には価値がないと、

本気でそう信じていたから。

 

 

直近の会社の入社面接時、傲慢さMAXでしたので、

それはそれは自信に満ちあふれてました。

(ま、その自信は内側から輝く自信ではなく、ただの錆びた鎧をまとってるだけだったのですが。。。)

 

 

私の入社から少しして、後輩の女性が入社してきました。

私より年下で、TOEICほぼ満点のアメリカの大学出のエリートさんです。

貿易業務も携わっていたのですが、私の貿易知識の浅はかさ、英語の出来なさ、

仕事のスピードのなさ、すべて彼女によって丸裸にされたのです。

年下の後輩に。

 

「え?なんでこうなるんですか?これは・・・」って指導される。

『なんで、この人こんな事もわからないんだろう?』

という顔と口調で。(もちろん本人は無自覚です。)

 

わたし、ずっとその顔を周りにしてきたから。わかるのです。

 

ただ、彼女の能力は私と比べようもないくらい凄くて、

仕事すべてにおいての能力の高さを、認めざるを得なかったのです。

私が3時間以上かかったにも関わらず幼稚な内容の英文契約書を、彼女はたった

30分で完璧に仕上げるのです。

 

始めの頃は悔しくて、頼ったら負けを認めた気がして、残業して一人でどうにか仕事をこなしてました。

元上司にも、出来ると宣言していたので、やるしかないと思ってたのです。

今さら、出来ないなんて口が裂けても言えませんでした。

 

だって、『出来ないじゃなくて、やってないだけでしょっ』て、ずっと罵倒してきてたから。自分が今まで見下してきた人たちに対して。

 

だけど、自分のキャパを超えると身体が訴えてくるのですよ。

はじめは身体の訴えをかき消すように、イブクイックとレッドブルに頼ってました。

(イブは通常よりクリックの方が、クイックゆうだけ効き目が早いんですよ。え?そんなんいらん?w)

だけど、、ついに身体が悲鳴をあげて、人生で初めて、道ばたでぶっ倒れたのです。。。

真っ青な顔のまま、誰もいない道ばたでそのまま横になり、しまいに嘔吐しました。

 

そこから、色々あり社長の御配慮で上司が代わり、仕事量がだいぶ減ったのです。

 

それでも、やっぱり私にとっては、レベルが高い仕事内容でした。。 

そして、ある日、彼女にお願いしてみたのです。

そしたら、あっさりその頼まれ事を引き受けてくれたのです。

 

まあ、完璧な仕上がりなのですよ、それが。

 

それから本当に楽になったのです。

仕事が早いのはもちろんの事、わたしの心が、楽になったのです。

 

『私は出来ないので、彼女に頼んでやってもらいました。彼女は本当にすごいから』って周りにも言ったのです。

出来もしないのに、本当はそんな実力なんてないのに、虚栄心から自分で自分を苦しめていたのです。

 

そこから解放されたら、本当に楽で楽で。。

 

ただ、

彼女は仕事は完璧に出来るのに、洗い物やお手洗いの掃除が少し苦手のようだったので、私は仕事をヘルプしてくれる代わりに、私が気付いたことを、出来る範囲で、嫌じゃない範囲でやろうと決めて行っていました。

 

私はこの彼女と素敵な会社から、おかげさまで、とても大きなことを学びました。

それは

          無知の知

         賢者のふりして、なんと愚者だったのかと。

そして、

         わたしは、ただの人間ということ。 

そして、ただの人間なのに、愛されてること。

 

さらにさらに、

 

自分の知らない所で、誰かがフォローしてくれている事、

自分一人の力は、とてもちっぽけなも、同時に学ばせてもらったのです。

 

 

余談ですが、彼女は実はCAになる事が昔から夢だったようで、でも叶う事なく、『何で能力があるのに落ちたのだろう』と思ってたみたいなのです。

私と出会って、なんで英語もそこまで出来ないのにこの人がCAになれたのだろうと、当初は私の事が

嫌いだったみたいなのです笑。(今では本音を言い合える私にとっては大切な人です)

だけど、彼女が後に言ってくれたのです。

「松岡さんは、私に持ってないものを持ってることがわかった。

だから、CAになれたんだって腑に落ちた。

いままで、ずっとモヤモヤしてたのが松岡さんのおかげで楽になった」と。

人って、ほんと、お互い様、おかげさまなんですね〜。

 

 

今日の言葉。

もし愚者にして愚なりと知らば、すなわち賢者なり。

愚者にして賢者と思える者こそ、愚者というべし。
「法句経」 

 

 

 

今日もなっがい文章にも関わらず最後まで読んで頂き、谢谢啊