十人十色

〜潜在数秘術認定アドバイザーが綴る日々の想い〜

他人軸を実践した結果 前編 

 

人はみな、自分の価値観のもと、言葉や文字を発すると思います。

(もちろん私もこのブログはわたしの独断の価値観で書かせて頂いております。)

さらに、その言葉や文字を受け取った人も、自分の価値観に基づいて

ジャッジしていると思うのです。

 

だからこそ、自分の価値観をしっかり把握しておかないと、

他人軸に振り回されてしまい、

自分にとっての正解が見い出せなくなってしまうのではないかと思います。

 

でもこの他人軸は

素直で自分がどう在りたいかわかってる人にとっては、

各々の他人様の価値観から、自分にとって本当にプラスになり

必要な事を自然に抜粋できて

自分のものさしを広げる事が出来

よりパワーアップすると思うのです。 

 

かくいう私も、

自分自身は二の次で素直とは正反対で且つ他人様軸で生きてた時に色々体験させてもらいました。

 

当時、と言っても最近ですが、私にはとっても綺麗な友人がいまして。

所作も女らしく、どこへ行っても私は彼女の引き立て役。

六本木で二人で遊びに行っても彼女の友達はモデルさんで、

みんな本当に綺麗でスタイル抜群なのです。

いつもパーティーやクラブでは彼女のおこぼれで優雅な世界をたくさん見せてもらいました。

 

それから、その彼女に少しでも近づくため、色んな外見磨きをしていたのです。

(あくまで私なりのです。)

まずはダイエット。

ダイエットの方法も、ほんとたくさんの情報があふれてますよね。

糖質制限ダイエット、夜何時以降食べないダイエット、置き換えダイエット、

(スムージー、コールドプレス ジュース含む)食べる順番ダイエット、

などなど。。

 

私、上記すべて実際に試しました。

他にもダイエット本や情報をたくさん入手して、そのほとんどを実際にやってみました。

 

ご飯やパンやお菓子が大好きな私。なのに、我慢して食べなかったり。

友達との外食もほとんど断って、食べるという行為が怖かったくらいです。

口の中に入れる食材は、世間で言われてる、“身体に良いもの”

すべて有機野菜や玄米にかえて、大好きなお菓子も甘いカフェオレも我慢してました。

 

もちろん、運動もしました。

ボクシングを週に5回、女なのに男に混じって本気で男と同じトレーニングメニューをこなしてました。

そのジムでは、少しばかり有名になってしまい、私のようなスタイルになりたい女子が出てきたのです。

私は、彼女たちの期待(勝手にわたしが作り上げてるだけ)を裏切ってはいけないと、体重も体脂肪も、みるもる落ちていくのに、もっと痩せて、人様の憧れの体系を維持しなきゃって、完全に自分を見失っていました。

 

その結果。

約3ヶ月で、体重7キロ減。体脂肪13%〜15%になりました。

服のサイズはすべてXS、腹筋もつき、ヒップもあがり、顔もシャープになりました。

だけどやっぱり、幸せを感じることはありませんでした。

おまけに、

女性としの機能を完全に失いました

さらには、リバウンドで今度は、過食症。 

(少しまだ後遺症があります。なかなか元に戻すのは大変です。。)

 

ーーー最終結果ーーー

結局、元の自分の方がよかった

 

 

美容に関しても、あらゆる事をしてみました。

美容整形、整体、コルギ、小顔矯正、リンパマッサージ、美容鍼、痩身エステ、漢方薬、ピル、おっぱい体操w。美容グッズもたくさん買いました。

 

綺麗になれるのは、すべて一瞬だけでした。

すぐ、元にどうしても戻る。

戻らないように、頻繁に行っても、すぐ戻る。

ただ、一瞬の美は手に入れることができました。 

その一瞬を、今度は長く保つためには、お金が必要でした。

そのために、ホステスもしたし、お金のためには何だってしました。

そして、鏡にうつる私は、確かにどんどん綺麗になっていきました。

着飾るものも、すべて高価なものになっていき。。。。

 

だけど、ある日、

エステサロンで施術後、わたしポロってこんなこと言ったのです。

「お金もっと払うから、もう、身体じゃなくて、心を綺麗にしてくれませんか?」って

エステのオーナーさん、一瞬は?みたい顔して、オロオロしながら、

「い、いやーそれは無理ですね。。。。」って。

さらに私は、

「なんで外見はお金があれば綺麗になれるのに、心の綺麗さはお金で買えないのですか?」って。。。苦笑

 

 

ーーー最終結果ーーー

私の場合、その当時やっていた美容法は、結局お金と時間の無駄遣いでした。

 

もちろん、これらを否定している訳では全くなくて、美しくなるため、健康のため、自分に本当にあっていれば最高の効果が発揮され、より自分らしいワクワクした人生になると思います。

私のすべての根源は、

他人に認められたい承認欲求から行った行動だったから、結果が出なかった。

 つまりは、魂はそれを望んでないのに完全に他人軸で動いたから、当時の私の身体は効果を示さなかった

自分自身がいつまでも納得いかなかった)のだと思います。

 

 

そして最後に、女性らしさ、の勘違い。

本当の私は(逢ったことある人はわかると思いますが)

掃除嫌い、食べたものをポロポロこぼす、家着はジャージ、ネイルは黒か真赤が好きで、声がでかくて、よくしゃべる、パンツはのびのび、などなど女子力皆無な実生活です。

 

昔、新宿二丁目でゲイのママと昼まで二人で飲み明かして(私本当はお酒飲めない体質です。)初対面だった私に帰り際、

「あんた、オンナなんだから、そんな面白くある必要ないわよ、あんたは、誰と勝負してんのよ」って言われたこと、今ふと思い出しました(ママ元気かな〜) 

 

だけど、30歳過ぎるとなかなかコンパには誘ってもらえなくなって、唯一、その冒頭で書いたとっても綺麗な友達からだけは、ほぼ毎週コンパの誘いがあったのです。

 

そこで、もうこっちは必死のパッチでどうにかしてセレブ妻になろうと、エセ女子力満開で挑むわけですよ。

完全に、付け焼き刃な、うすピンクのネイル、髪はほんのり茶髪で、ロングで若干巻き髪にして、白いノースーリーブに薄ピンクのロングひらひらスカート。

コンパ中、誰かの話に突っ込みたくなっても、ボケたりしたくても、

新調した真っ白いハンカチーフを口にあて、ほほほと微笑む。

ご飯も、少量づつ口に運び、こぼさない、食べ過ぎない。(子供かっw、いや子供なんです)

会話も聞き役に徹して、話す内容は、家族と仲良しな、お育ちのよいお嬢様な会話。

 

つまり、本当の中身とは正反対な自分だったわけです。

なのに!!いや、だから!!ひっかかったのですよ!!(言い方よww) 

 

お医者様で、そこそこイケメンで(そこそこてw)、とっても優しそうな同じ年の彼から、ご飯に誘われたんです。

 

彼は私に、「すごく素敵なお母さんになりそうですね、本当ぼくの理想です」って言ってくれたんです。

そして、彼は続けて言うのです。

「さとえさんは、良家のお嬢様だから問題はないんですが、僕の結婚相手は良家で大学卒業じゃないとだめなんですよ。」って。

 

んん?ん?なんやて??

わたし、バリバリ部落の団地出身で、しかも今は帰化してるけど日本人違うし、

なんなら、親に今でもお金せびられる事あるし、3年前までヘビースモーカーやったし、お水の世界にもどっぷりいたし、悪さもしたし。。。

履歴書ばれたらどーーしよーーーー!

どないしよーーーーー!!!って、本当悩んで悩んで、お金使って親に頭さげて、

良家のフリしてもらって、どうにか過去の事消せないか、ばっかり考えてたんです。

 

彼への態度も、100%偽物の自分でした。

彼のことが好きで、こうしてあげたい!素敵な女性になりたいっていう、純粋な想いは皆無で、偽物の自分でも、履歴書を使って、お医者様で、イケメンで優しそうな彼と結婚できたら、みんなに自慢できるし、これでやっと勝ち組になれる!!

って本気で思ってたから、この恋を手放す訳にはいかなかったのです。

 

ところが、ある日facebookで彼を検索してみよってふと思ったんです。(こわっw)

彼のページを発見して、そのトップに彼の友達がランダムに載ってて、

あれ?ん?同じ苗字の女性のプロフィール画像は、なんだか見たことある男性とウエディングドレスとタキシード着た2ショットの写真なんです。

なんと、その彼女は奥さんで、実は結婚してたんです。

 

わたし、その瞬間、

うわーーーー良かったーーーーーーーー!!!!

もう嘘つかんでいいんやーーーー!

って、本当に心から安堵したんです。家族を本気で呪うところだったので。。。冷汗

 

ーーー最終結果ーーー 

結局、狸と狐の化かし合いだったのです。

おーーーこわっww 

 

そのコンパを主催してくれた綺麗な友人にこの事を話すと、

『え?最低ー!私の大事なさとえにそんな嘘つくなんて!じゃあ、その人はもういらないから、その人に同じ病院の先生とのコンパセッティングしてもらってよ!!♪』

おーーーーーーーーーーーーーーーこわっ。w

 

 

後編につづく。。。(後編は全く違ったテーマを予定してます)

 

 

今日の言葉

他人と自分を比べて優越感や劣等感を持つのはくだらない他人志向。

大切なのは自己志向。

自分が満足して自分が納得すればいい。

 - 美輪明宏 -

 

 

 

今日はとても長く、ちょっと昨日までとキャラ違うくない?と思われたかたもいるかと思いますが、最後までお読みくださり、貴重なお時間ありがとうございます。

17日土曜日の早朝は、わたしの好きな満月です^^

Please have a lovely Friday night.