十人十色

〜潜在数秘術認定アドバイザーが綴る日々の想い〜

根本変えな、一生占いめぐりになるでな

 

せやで!しかし!(何やねんな、この変な関西弁w)

占い師もどきな私が言うのもなんですが、占いばっかり行っても、

なーーーーんも変わりませんよ!!!

良い方向へは、向きませんよ。

 

これは、私の見解ですが、占いとはあくまでヒントにしか過ぎません。

御本人が気付いていない潜在能力であったり、

過去のトラウマや痛手が現在のマイナス思考の根源だとかを教えてくれる。

そんな、とっても役立つツールです。

 

でも、答えでは無いと思うのです。

答えは、必ず本人が出すものであると思うのです。

 

相性占いなんて、特に顕著ですが、相手の詳細を(良し悪し)を伝えるのは、

これはヒントになるのですが、『彼は最低だから別れた方が良い!』

と断言され、そうだと信じて、相手のせいだけにして別れてしまっては、

非常にもったいないと思うのです。

 

何かの縁があって、お付き合いしている人間関係、特に恋愛において、

これほど自分を省みる事が出来る縁を大切にしないのは、

非常にもったいないと思います。

 

その大切な、自分の人生の学びである恋愛の結末を

占い師が答えを出してしまうのは、

自分だけが知っている、本当に自分が手に入れたいものから

遠ざかってしまうのではないかと、思うのです。

言わずもがな、例外として暴力男とかはすぐ別れた方が良いでしょうが、

そもそも、そんな自分が不幸になる相手を選ぶこと自体、自分自身の根本を

変えないとまた同じような人を選んでしまうのだと思います。

 

相手は次から次へ変えれても、自分は死ぬまで自分のままだから。

 

占いは、非常に精密な個人個人の性質などを教えてくれます。

なぜ、そのように悲観的に物事を捉える癖があるのか、

なぜ、感情にいつも蓋をしてしまうのか、もくしは出しすぎるのか、

なぜ、頭で思っている事と行動が違うのか、

なぜ、いつも生き苦しいのか、 などなど

自分自身にフォーカスを当て、自分自身をより深く知る事ができます。

良い意味でも悪い意味でも、知るだけです。

それをヒントにして、答えを導きだす(=行動に移す)のは、

本人でなければいけません

 

人間である以上、100%善人なんていおらず、それ故、

腹立つ事も、間違ってしまう事もあると思います。

 

だけど、占いによって、

あなたはココがつまづきやすいポイントですよ!

こんなとこに怒りを覚えやすいですよ!って、そのヒントを自分の中に

置いておくだけ、いつでも引っぱりだして、

自分でその時のベストの答えを自分自身が出していく。

 

そうすると、ベストな答えが習慣づいてきて、より生きやすくなる。

 

わたしゃ、そう思うのであります。

ほな!(だから、何やねんな!この関西弁!w 急に電池切れw)